ロゴ
HOME>コメント>関西大学周辺の賃貸物件【学生ならではの物件探しについて】

関西大学周辺の賃貸物件【学生ならではの物件探しについて】

マンション

関西大学へ進学が決まって、賃貸物件を探している学生は多いはずです。親元を離れて初めて一人暮らしをするという人もいることでしょう。もし、初めて物件探しをするのであれば、物件探しのポイントについての口コミをチェックしてみましょう。

口コミ一覧

学校から近いところを選んだよ【20代|女性】

毎日の通学のことを考え、学校から近い場所にある賃貸物件を選びました。通学のために混雑した交通機関を利用するのは極力避けたかったことと、朝はギリギリまで寝ていたいタイプだということが決め手となりました。実際に生活してみて、やはり良かったと思うのは、忘れ物をしたり、授業の合間に必要なものを取りに帰ったりということが気軽に出来る点や、課題をやっていて帰りが遅くなっても部屋に帰って眠れるといった点が挙げられます。授業と授業の間に空き時間がある場合は、ご飯を食べに家に帰るといったことも可能なので、近場の物件を選んで正解だったと思います。関西大学の中でもどの学部に入るか、どういったカリキュラムをこなすかといったことでも変わってくると思いますが、学業に専念出来、利用し易い環境を整えたいなら、学校に近い物件の方が過ごし易いと思います。

食事付きの物件があったんでそこにしました!【20代|男性】

関西大学の合格が決まった時点で賃貸物件探しをしましたが、重視した点は何と言っても食事です。掃除や洗濯は出来る様になると思いましたが、料理だけは自信がありませんでした。食事は毎日のことなので、かなりの負担になるのではないかと心配したのです。出来合いのものを買ってきたり、学食を利用したりといったことも考えましたが、飽きてしまうだろうし、値段的にも高く付くと考えました。また、食事面については親も心配していたので、食事付きの物件を見つけた時には、家族の満場一致で入居物件が決定したほどです。実際、利用してみて何が良いかというと、食事に関して心配がないといった点が挙げられます。同じ様に一人暮しで自炊をしている友達は、作るにしても食べに行くにしても、食事について考えなくてはいけません。1日3回のことなので、面倒くさくなるとかなりの手間になります。そういった煩わしさがないですし、食事を作ることに時間をとられることもありません。風邪を引いたり体調を崩したりしても、しっかり食事が出来るので、本当にあり難いと感じます。料理が苦手な人だけでなく、学業に専念したい人にも、食事付きの賃貸物件はお勧めだと思います。